■■■ ノコギリクワガタ(ギラファ)飼育方法 ■■■

 成虫飼育
水分大目の他は、国産オオクワと同じでOKです。
唯、大型ですので容器は小プラケ以上が望ましいと思います。

 産卵セット
産卵セットは、大プラケース以上が必要です。
先ずマットを3cm程度堅く押し固めます。その上に加水した産卵木(太め)を入れて、マットを被せます。
最終的に、マットを産卵木が7割程度隠れるまで、詰めてください。その後適当に樹皮や枯葉を散りばめ、ゼリーをセットします
極普通の無添加発酵マットで十分ですが、幼虫に使用したマットが用意できるようなら、 混ぜて使用すると、効果があるようです。
産卵材は、ギラファに限っては神経質になる必要は全くありません。何でもOKですから、ホダ木で充分でしょう。

幼虫の回収時期は、ケース側面に幼虫が確認出来る様になってから、速やかに回収しましょう。 親が幼虫を捕食してしまう場合があります。幼虫を回収したら、また同じものを使用して再セットして 構いません。


 幼虫飼育
菌糸でも、高添加率マットでも充分に大きく育てる事が出来ます。
注意点と言えば、やや多めに加水する事でしょうか。また、大変大食いでもありますから、 菌糸よりマットのほうが経済的でもあります。
唯、蛹化直前は水分控えめにしないと、羽化不全が起こります。
飼育温度は年間を通して20〜25度キープしてください。

  • 回収後はMビンで、♀はその後の交換もMビンで充分です。
  • 大型の♂は、最低でもLビン(30g程度まで)それ以上はLLビン以上に
    大型の幼虫になると、2Lのマットを1ヶ月で綺麗に食べ尽くします。

    ここで言うLLビンとは、3L以上の容量がある梅酒ビンなどです。


  •  その他
    ノコギリ系の幼虫は、大変噛み砕く力が強いです。
    従いまして幼虫飼育に使用する容器は必ずガラス製のものを用意してください。