■■■ オオクワ・コクワ(基本)飼育方法 ■■■

 成虫飼育
オオクワ&コクワは、個別に飼育されることをお勧めします。個別飼育することにより事故が防げます。 また、乾燥にはある程度強い面もありますが、極端な乾燥や蒸れには非常に弱い面も持ち合わせています。
小型は適当なプリンカップなど 中型はブロー容器(1000cc程度)やコンテナケースなど 大型はブロー容器(2000cc程度)やコンテナケースなど プリンカップは濡れティッシュを入れて飼育すると、メンテナンスが非常に楽です。 ブロー容器やコンテナケースに入れるマットは、どんなものでも構いません。ただ転倒防止用に樹皮や産卵木の割りカス等を入れておかないと事故が起こる可能性があります。

 産卵セット
オオクワやコクワの♂は比較的おとなしい種ですので、そのままペアで投入しても構いませんが、
必要に応じハンドペアリングをさせても良いでしょう。

産卵セットは、中プラケース以上が必要です。
先ずマットを3cm程度堅く押し固めます。その上に加水した産卵木(やや固め)を入れて、マットを被せます。
最終的に、マットを産卵木が半分程度隠れるまで、詰めてください。その後適当に樹皮や枯葉を散りばめ、ゼリーをセットします。
極普通の無添加発酵マットで十分ですが、幼虫に使用したマットが用意できるようなら、 混ぜて使用すると、効果があるようです。

幼虫の回収時期は、セット後1ヶ月産卵・その後1ヶ月熟成?を基本とします。
熟成とは、産卵木のみセットから取り出して、乾燥させないようにマットなどで埋め、割らずにそのまま置いておきます。
再セットしたいのであれば、産卵木のみ交換してセットしますが、♀に1週間程度休養を与えたほうが、結果は良いようです。


 幼虫飼育
オオクワ&コクワは、菌糸で良好に飼育できます。
菌糸は、オオクワ飼育のために有るようなものといっても過言ではありません
また、コクワは添加マットで充分のようです。

使用する瓶は
【オオクワガタ】

  • 初めS瓶又はプリンカップ
  • 2回目以降は、♂(〜25g)♀はM瓶に、♂(25g〜)はL瓶へ
    交換時期の目安は、おおよそ6割程度菌糸を食い尽くしたら交換して下さい。

    【コクワガタ】

  • 初めはプリンカップ
  • 2回目以降は、必要に応じS瓶へ
    交換の時期は、オオクワと同様です。

  •  その他
    以上、国産種を例にとっての飼育方法です。
    外国産は温度管理(20度前後〜25度前後種によって変わります)が必須条件になってきます。

    オオクワ・コクワの飼育マット等の水分量は総てに共通し、加水後手でギュット握って開いたときに、 ポロっと崩れる程度に加水して使用します。